心理カウンセリングの豆知識
うつびょうのしんたいしょうじょう

うつ病の身体症状

 「うつ病」には、精神症状のほかに様々な身体の異常がみられるのが特徴です。

 まず、ほとんどのうつ病の人に見られるのが「睡眠障害」の一つである「不眠」です。
 不眠には、入眠障害(寝つきが悪い)・熟眠障害(眠りが浅く熟睡感がない)・早朝覚醒(早朝に目覚めてしまう)などがあります。不眠になると朝の目覚めが悪く、疲労感が残ってしまいます。また、眠れない苦しみから、あれこれ悩み、すべてを放り出してしまいたいとさえ思ってしまいます。不眠の辛さは、他の人になかなかわかってもらえず、夜中に一人で悩むことになってしまうのです。

 全身の倦怠感も現れます。何かをしようとしても、自分の体ではないかのように自由がきかなくなります。電話の受話器さえも持っていることが困難になることがあります。他の人からは、怠けているように見えてしまうこともありますが、動かそう、働こうとしてもそれができないのです。また、これに伴い、めまい、頭痛、頻脈、過呼吸などの症状が現れることがあります。

 食欲不振も大きな特徴の一つです。食べることに興味を失い、食べようと思っても、喉を通らなくなります。無理して食べると嘔吐してしまうこともあります。食欲不振による体重の減少も見られます。胃部不快感、腹痛、下痢などの症状が現れることがありますが、胃腸の検査をしても異常が見られず、辛いまま長い時間が経過してしまうこともあります。

 このほか、耳鳴り、味覚異常、しびれ感、性欲減退など様々な身体症状が現れるのがうつ病の特徴です。「精神症状」とあわせてこれらの「身体症状」がみられたら、心療内科や精神神経科を受診なさることをお勧めします。
カテゴリー別
頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
ベイサイドカウンセリングサービス (千葉県木更津市)
心理カウンセリングサービス(メールカウンセリング & 出張カウンセリング)

お問合せ先
  電話: 0438−38−6676
  メール : お問い合わせフォーム
       ※電話に出られない場合がありますので、出来るだけメールフォームからお願い致します。

来所による対面カウンセリング
  木更津市清見台2−4−1 SDA 別館 木更津清見台ルーム

カウンセラー紹介

カウンセリングサービス

メニュー

最近のコラム


Copyright (C) 2006 ベイサイドカウンセリングサービス / Powered by WEBMASTERSホスティングサービス