心理カウンセリングの豆知識
ちゅういけっかん・たどうせいしょうがい

注意欠陥・多動性障害

 不注意、多動、衝動的という特徴を持っているために、社会生活に適応できない発達障害で、一般に女子より男子に多く、7歳までに発症します。


 症状の現れ方によって、次の3つのタイプに分けることができます。


 〔不注意型〕ぼんやりしている。注意力・集中力が持続できない。

 〔多動性・衝動性型〕じっとしていることができず、常に動いている。突発的な行動を起こす。カッとなりやすい。

 〔混合型〕両方の症状とも強く見られる。


 脳の神経伝達物質の異常による前頭葉の機能障害が原因で、自分を抑制する力が未熟のままであると考えられています。


 治療法としては、リタリンの投薬が効果的です。


 
カテゴリー別
頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
ベイサイドカウンセリングサービス (千葉県木更津市)
心理カウンセリングサービス(メールカウンセリング & 出張カウンセリング)

お問合せ先
  電話: 0438−38−6676
  メール : お問い合わせフォーム
       ※電話に出られない場合がありますので、出来るだけメールフォームからお願い致します。

来所による対面カウンセリング
  木更津市清見台2−4−1 SDA 別館 木更津清見台ルーム

カウンセラー紹介

カウンセリングサービス

メニュー

最近のコラム


Copyright (C) 2006 ベイサイドカウンセリングサービス / Powered by WEBMASTERSホスティングサービス