心理カウンセリングの豆知識

心理学でよく使われる言葉

(1) 2 »

9歳の壁

(9さいのかべ)
 「9歳前後になると、学校での学習を理解できない子どもが急激に増加するが、この理解できなくなる年齢をさして9歳の壁ということがいわれている。こうした壁を構成するものとしては、一つには教科内容の問題であり、9歳前後になると内容がかなり高度化する。たと...

アダルト・チルドレン

(あだると・ちるどれん)
 「アダルト・チルドレンはACOA(adult children of alcoholics)であり、本来、アルコール依存や嗜癖行動などが主な原因で、家庭の機能が崩壊した中で成人した子どもある。彼らは、機能不全に陥った家庭の中で、精神的、肉体的に虐待されながら、子どもには負担の大き...

クライエント

(くらいえんと)
 「生活していくうえで、何らかの困難や不安を持ったり、堂々巡りの悪循環に陥った時などに、第三者の意見や援助を必要とする人。クライエントとは顧客の意。患者(patient)といわないところにカウンセリングの哲学がある。すなわち、治療する人間、治療される人間と...

自己受容

(じこじゅよう)
 「自己のありようをそのまま受け入れること。人は多かれ少なかれ自分でも認めたくないような感情や特性、境遇、運命などを有しているが、それらを否認し、わがものとして引き受けない場合がある。自己を受容することは、自発的な行動変化の原点となり、他者受容や良...

自己像

(じこぞう)
セルフイメージのこと

嫉妬

(しっと)
 「特定の他者と自己との関係が、その他者と現実に存在する(または想像上の)第三者との関係によって失われる、あるいは、失われると推測することによって生じる否定的な感情状態。怒り、悲しみ、恐れなどが含まれる。関連する感情に妬み(envy)があるが、これは他...

嗜癖

(しへき)
 「アルコールや他の嗜好性のある物質を習慣的に服用する行動。服用を中断すると、離脱症状とよばれる身体的苦痛や自律神経失調、痙攣などの中枢神経系の症状を示す。長期にわたって服用を続けると、薬効が低下するため、服用量が増えてしまう。依存症とも呼ばれる。...

ストレス

(すとれす)
 「物理化学的・精神的・社会的なものを含め、人体に対して間脳から脳下垂体、副腎と続くシステムを通じて影響を与えるものを総称してストレッサー(stressor)といい、それにより生体が影響を受けている状態をストレス状態という。騒音や寒気のような物理的現象や、怒...

性格

(せいかく)
 「個人を特徴づける持続的で一貫した行動様式を性格という。語源は、ギリシア語で『刻みつけられたもの』『彫りつけられたもの』を意味することから、基礎的で固定的な面をさすこともある。人格(パーソナリティ)と同じような意味で用いられることもあるが、習慣的...

セルフイメージ

(せるふいめーじ)
 「自己について認知されたもの。身体像と精神像を含む。身体的精神的特性、人格、社会的地位、役割などがその例である。自己像は現実的、非現実的、意識的、無意識的でありうる。意識的な自己は、自己の現実的特性の反映であることもあり、また、受け入れがたい特性...


(1) 2 »
カテゴリー別
頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
ベイサイドカウンセリングサービス (千葉県木更津市)
心理カウンセリングサービス(メールカウンセリング & 出張カウンセリング)

お問合せ先
  電話: 0438−38−6676
  メール : お問い合わせフォーム
       ※電話に出られない場合がありますので、出来るだけメールフォームからお願い致します。

来所による対面カウンセリング
  木更津市清見台2−4−1 SDA 別館 木更津清見台ルーム

カウンセラー紹介

カウンセリングサービス

メニュー

最近のコラム


Copyright (C) 2006 ベイサイドカウンセリングサービス / Powered by WEBMASTERSホスティングサービス