カウンセラー's コラム

2006年6月13日(火曜日)

子育て(3)愛情

カテゴリー: - matsuzaka @ 22時21分30秒

 「夫の2人に1人が出産に立ち会っている・・・、」(厚生労働省研究班の出産に関する全国調査)このようなニュースが新聞(平成18年6月13日付朝日新聞)に載っていました。分娩室で、医療関係者以外で出産に立ち会った人は、夫が52.6%と最も多く、「父親としての実感が深まる」「妊婦が安心できる」などを理由にあげ、増えているそうです。これから生まれてくる赤ちゃんを夫婦で温かく迎えようとしているのでしょう。

 赤ちゃん誕生の瞬間、親はどのようなことを考えるのでしょう。多くの親は、子どもの誕生を素直に喜び、子どもが健やかで幸せに育って欲しいと願うのではないでしょうか。

 ところが、いつの間にかその時の気持ちを忘れてしまい、「もっと良い点数を・・・」「もっと良い学校へ・・・」「どうしてそんなこともできないの・・・」というように、子どもに対する要求が多くなってしまうのです。もちろん、子どもの将来の幸せを願ってのことではあると思いますが、今ここにいる子どもの幸せを忘れてしまっていることもあるのではないでしょうか。

 また、たとえ子どもへの愛情があったとしても、それが伝わっていなければ子どもは幸せではないのです。

 他の動物とは異なり、人間の子どもは長い期間、親の保護が必要です。これには、物質的なものばかりではなく精神的なものも含まれます。親の愛情をたっぷり受けていると感じている子どもは、心が安定し、様々な面で力を発揮するようになります。そして、安心して親元を離れ、自立していくことができるようになるのです。 


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

カレンダー
2006年 6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ベイサイドカウンセリングサービス (千葉県木更津市)
心理カウンセリングサービス(メールカウンセリング & 出張カウンセリング)

お問合せ先
  電話: 0438−38−6676
  メール : お問い合わせフォーム
       ※電話に出られない場合がありますので、出来るだけメールフォームからお願い致します。

来所による対面カウンセリング
  木更津市清見台2−4−1 SDA 別館 木更津清見台ルーム

カウンセラー紹介

カウンセリングサービス

メニュー

最近のコラム


Copyright (C) 2006 ベイサイドカウンセリングサービス / Powered by WEBMASTERSホスティングサービス